ショールーム見学

先週、㈱ハウステックのショールームに行きました。

ユニッテリアという浴室改装の商品を見学するためです。

従来のユニットバスでは浴室の内寸が小さくなるので、既存の壁床にパネルを張り付けて綺麗に仕上げる商品です。

ショールームで施工可能性を確認した後、商品のプランニングを行いました。

2つほど、標準以外の商品対応出来るかを検討して頂くことにして、ショールームを後にしました。

  1. 浴槽をプッシュ排水に出来るか?
  2. サーモ水栓で多機能シャワーに出来るか?

本日、営業のK氏から連絡が有り、対応可能です、早速プランニングと見積りをまとめます、とのことでした。

ここで、「マンションリフォームの現調」の項で書いたことですが、もう一度

ショールームへ行く時の注意

  1. 大きな商品の場合は、納品から逆算して、1ヶ月前までに行きましょう。最低でも3週間前には、仕様と金額的な了解が出来ている必要が有ります。
  2. ちゃんとした商品説明が必要な場合は、案内の方を付けて頂くため、必ず予約して下さい。
  3. 計画や予算が分かっている専門家と一緒に行って下さい。案内の方も御商売ですから、方向修正が必要な場合が多いからです。
  4. 当該リフォーム箇所の簡単な間取り図を用意して下さい。
  5. スケールもあった方が良いです。
  6. その場で思いつくことなども有りますので、時間に余裕をもって、休憩時間なども含めた計画で行きましょう。
  7. 最後に、納得ゆくまで積極的に質問して下さい。

他にも、少し時間があったので、飛び込みでLIXILにも行き、キッチンなどを見ました。

こちらは、平日はお勤めのこともあり、時間短縮のために、私がネットで参考プランニングを作成し、お客様に確認をして頂いた上で、それを元にメーカーより見積と最終プランを出して貰うようにしました。

間取りのプランも並行して勧めています。こちらの方は別項でご紹介致します。