排水のつまり改善

リフォームとは直接関係ないのですが、排水のつまりについての一考察です。

排水のつまりの起き易いのは

  1. マンションは排水勾配がいくらでも取れるというわけではないので、起き易いと考えておくほうが無難です。年1回のマンション全体で行う洗浄では安心とまでは行きません。
  2. 鉄の排水管は長期間使っていないと内部に錆が発生して、詰まってしまうことが有ります。
  3. 異物が流れやすいところ、洗濯機や浴室などでは注意が必要です。最近のキッチンや洗面では、目の細かい網かごやキャッチャーが付いているので異物は流れにくいですが、油などはなるべく流さないようにしましょう。

しかし、詰まってしまった場合は?

完全に詰まってしまったら、通管の出来る職人や会社に依頼するしか有りません。

多分それ以前に、少し流れにくいという段階があると思います。例えば、お風呂の掃除をしていて、ちょっと流れが遅いとか...

その段階でしたら、パイプクリーナー液を使えば良くなる可能性はあります。

但し、その使い方を少し考えて見たいと思います。

最近のキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、洗濯機パンなどは、匂いが上がってこないように、トラップというものが付いていて、水が溜まっています。

この部分で詰まっているのであれば、普通にクリーナー液を入れるだけで良いと思います。

もっと先の部分で詰まっていたら...、なかなか良くならない時は、こちらを疑います。

クリーナー液をつまり部まで届けるように、トラップより先に流してやる必要があります。

  1. 排水管の中に溜まっている水が抜けるように少し待ちます
  2. 詰まっていると思われる箇所に近いところからパイプクリーナー液を多めに注ぎます。
  3. 大体、お風呂の洗い場の排水口で良いかと思います
  4. その後で、200cc位のぬるま湯を追加で注ぎます
  5. クリーナー液の指示時間待ちます
  6. 流します。水量が多い方が良いのと、濡れたくないので浴槽に水を溜めて流します。
  7. 様子を見て、しっかり流れるようなら、そのまま流しますが、もう少しのようでしたら、もう一度同じことを繰り返します
  8. 流れるようになったら、キッチン、洗面なども同様の作業をします

よく宣伝している業者の方たちも決して安くはないので、呼ぶ前に一度お試し下さい。