サイディングの塗装

近年の新築住宅では、サイディングを使用している建物が多く見られます。サイディングの経済性とデザイン性が大きな理由だと思います。

リフォームの際にも、美観、防水性、断熱性を上げるため、金属サイディングを用います。

サイディングには十分な耐久性があるのですが、メンテナンスは必要です。

特にサイディング目地のコーキング材は、本体よりも早く劣化します。これは塗装した外壁のコーキングよりも、塗膜で保護されていない分だけ顕著です。

また、サイディング自体も新築時には表面を保護していた塗膜が劣化するため、紫外線の影響を受けて脆くなったり、汚れ易くなったりします。

これはカラーベスト屋根も同じことです。

メンテナンスとして一般的なのが、コーキングを打ち直して、塗装することです。

しかし、一生懸命デザインを考えた我が家を、ただ単に塗るというのも問題が有ります。

一般的な塗装をすると、折角のサイデイングの風合いが無くなり、単調なペンキを塗った建物になってしまします。

ただし、色合いで全体的なイメージを変えるという手法も有りますので、ダメというわけではありません。

サイディング専用の塗料として、日本ペイント㈱に、UVプロテクトクリヤーという商品があります。

透明な保護膜を塗布することで、紫外線から保護し、汚れを付きにくくする塗料です。

セラミック系の材料ですので、耐久性も十分です。

※ 但し、光触媒やフッ素コート処理したサイディングでは、不具合を生じる場合があります

メーカーの商品サイトはこちらです

つや有りの場合の塗装後は、若干色合いが濃くなります。特にイエロー系、レッド系は濃くなります。

ニスなどを重ね塗りすると、少しずつ深みをました濃さを帯びるのと同じです。

しかし、塗料全般に言えることですが、ツヤ有りの方が塗料自体は長持ちします。

外壁塗装で足場を組むのであれば、カラーベスト屋根の遮熱塗装も同時に行ったほうがお得です。

遮熱塗料としては、他の記事でも書いた、日本特殊塗料㈱のパラサーモカテゴリーを参照下さい)や日本ペイント㈱のサーモアイの他にも塗料各社が出しています。

金属屋根で遮音効果が欲しい場合は、日本特殊塗料㈱のパラサーモシールドカテゴリーを参照下さい)が良いと思います。