違法貸しルームの対策/国土交通省

違法貸しルーム対策についての国土交通省の9月6日付けの通達を紹介します。

マンションの管理会社だけでなく、居住者・区分所有者・管理組合の方に向けての内容も含まれます。
予防としては、広く認知してもらうことが重要であり、当然の対応だと思います。
しかし、どこまで徹底されるかは、管理会社次第ということになります。
もし、マンションにお住まいの方で未だ通知が届いていない場合は、以下の文章からも明らかなように、管理会社の怠慢ですから、今後のことも含めて厳しくされたほうが良いと思います。

(以下抜粋)

「違法貸しルーム対策に関する通知について」

(1) 多人数の居住実態がありながら防火関係規定等の建築基準法違反の疑いのある建築物に関する対策の一層の推進について(技術的助言)
全国の特定行政庁宛てに、所定の事項に留意のうえ、引き続き立入調査や是正指導等を推進することを依頼する通知

(2)マンションにおける「違法貸しルーム」への対応について
一般社団法人マンション管理業協会及び公益財団法人マンション管理センター宛てに、マンションの居住者・区分所有者・管理組合の方向けの「違法貸しルーム」への対応に係る周知文をマンションに配布することを依頼する通知

(以下省略)

詳細はこちらから御覧下さい => 「違法貸しルーム対策に関する通知について」

当サイトでは、当初の新聞報道を受けて、建物に対しての脱法ハウスという名称で紹介してきましたが、国土交通省では、建物の目的を偽った違法貸しと、建築基準法に違反した部屋の賃貸を併せて、違法貸しルームと呼んでいるようです。

今後は、報道であればそのソースに従い、国土交通省の発表であれば違法貸しルームと致します。