戸建てリフォーム201312

つい先日リフォームの完了しましたお宅の一部です。
洋室の引戸とポストは施主支給で考えていましたが、業者販売の方が安いとのことで立替払いしました。

洋室の引戸は上吊りタイプで結構重いため、子供さんが怪我をしないようにオプションでクローザーを付けました。
アンティーク塗装をしたので、納品まで約1ヶ月掛かりました。

P1060166

隣の黒い壁は黒板塗装です。量が少ないのでホームセンターの市販品を使いましたが、ちゃんと塗装屋さんが塗りました。

階段は2方向に上がり下り出来るようにしました。

洋室から見ると

P1060167

上から見ると

P1060165

LDKから見ると

P1060150

この部分の引戸も、階段上に浮いている上吊りタイプです。収まりに結構苦労しました。

上の写真でも少し見えていますが、LDKは間取り変更で柱を抜いたため、鋼製梁を入れました。
荷重が掛かった場合のたわみ量が同じくらいになるように計算したところ、木製の場合の半分の高さで済みました。
木製では天井から下がりすぎて無理でした。
懇意にさせて頂いている鉄工所に大急ぎで作ってもらいました。

P1060151

P1060118

施工中です。100kgあります。

廊下の照明はLEDダウンライトを使い、小さな子供さんがスイッチを押しにくいのを考慮して、熱感知式の人感センサーで付くようにしました。

大人でも大変便利です。

P1060154

写真が悪くてすみません。

最後にポストです。アルミを埋め込んで板と共に取付けました。
塗装にお金を掛けても仕方ないので(アルミに塗装するのは難しく、高い材料を使う必要があります)、ラッカースプレーで塗りました。
ポストが赤なので足は黄色、隣は緑を飾った時に引き立つ様に足を赤にしています。(配色はお施主さんの案ですが)

post

他にもあるのですが、商品を見せるだけではリフォームをしたとは云えないと考えていますので割愛します。

あと少しだけ付け加えるとすれば、ユニットバスは2階用を使いました。
床下高がないので、1階用ではかなり深く掘り下げる必要があったからです。
また、将来のことを考えて、収納内に床下点検口を付けました。
こういった表面に現れない部分を考慮しながら、地道にやっております。