五島のキリスト教会

明日はクリスマスです。
長崎市のキリスト教会は有名ですが、同じ長崎県の五島列島にも、信者の方々に愛されている多数の小さな教会があります。

今年は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として、世界遺産の推薦候補にもなりましたが、残念ながら産業遺産に負けました。

天草や長崎のキリスト教には悲しい歴史がありますが、ここでは、もっと知って欲しい建物としての教会を紹介します。

五島列島は、上五島・下五島と小さな島々からなり、行政区分上では、上五島は南松浦郡、下五島は五島市と別々になっています。
従いまして、紹介するサイトも別々になります。

aosagaura
青砂ヶ浦天主堂

上五島は、 新上五島町観光物産協会のサイト
http://shinkamigoto.nagasaki-tabinet.com/junrei/

下五島は、五島市観光協会のサイト
http://www.gotokanko.jp/kyokai/simogoto/simogoto.htm

どちらの島の教会においても、鉄川与助という教会建築家が大きく関わっています。
97歳でなくなるまでずっと仏教徒でありながら、数々の美しい教会を手掛けました。
友人から聞いた話ですが、五島と云えども、キリスト教徒は少数で、網元などの有力者は仏教徒のようです。
鉄川与助氏は大工の棟梁の家に生まれました。キリスト教徒でなくても不思議ではありません。
きっと教会という新しい建築に魅了され、精進し、後に国の重要文化財に指定されるものから小さなものまでの数々の教会を建てたのでしょう。

随分前に上五島を訪れた時の、自然の美しさと小さな教会の清楚で敬虔な印象が特に記憶に残っています。

教会内部のリブ・ヴォールト天井です。

Oso02

今夜と明日は、真心のこもったクリスマスのミサが行われるのでしょう。