バリアフリー・介護リフォーム

バリアフリー・介護リフォームでは一般的なイメージは使えません。健全な人ならば、デザインに人が合わせることも出来るかもしれません。ところがそうでない人には、何かに合わせたり、無理したりすることは、危険でさえあります。

バリアフリー・介護リフォームを行う場合は、人に合わせるオーダーメイドが基本です。

※ 介護保険による住宅改修は、少し長くなりますので、右のカテゴリー内の”介護保険住宅改修”をご覧下さい高齢者住宅改修についても書いてあります。

まず、リフォームを必要とされる方の身体状況、住宅の間取りと生活動線、更に将来どうしたいか、をお伺いします。要介護認定の方の場合は、ケアネージャーさんと一緒にプランを作成します。この時、介護補助者の御意見が最も参考になります。姿勢、動作、体の可動域など、実際の生活の中でどう改善してゆくかが、一番重要だからです。その上で、提案をプラスして最終的なプランが出来上がります。

介護保険の住宅改修制度を利用する場合、ケアマネージャーさんの承認を得た上で、当方で”住宅改修理由書”を作成して役所に提出します(増改築相談員の資格で作成出来ます)。

実際の工事は、施工内容により、要介護認定者の方が御在宅では出来ない場合があります。例えば、”床の改修”や”トイレ改修”の工事などです。

これらの段階を踏んだ上で、工事となりますが、つい先程書いたのとは逆で、手すりの取り付けの場合は、必要とされる方に実際に持って頂いて位置を決めます。

手間ひまかけて、やっと良い物が出来るのは、何も介護工事に限ったことではありませんが、手間ひまかける値打ちがある作業だと思います。